『山陽武道具』は防具・甲手・剣道衣・袴など、剣道具に関するすべてを取り扱っております。初心者の方もお気軽にご相談ください。
 
 
商品カテゴリー
こだわり店長ブログ
 
冴え渡る職人技を動画でご紹介!「刺繍の極意」

メールでのお問い合わせはこちらから
 
剣道具用語集のページです。|山陽武道具オフィシャルサイトは剣道具、防具、竹刀など、剣道具の通販サイトです。じっくりと剣道具を選びたい経験者の方はもちろん、これから剣道を始めたい初心者方まで、幅広い層のお客さまにより良い商品を安心安全にお届け致します。剣道具・剣道防具・竹刀のことなら山陽武道具まで!
剣道具・剣道防具・竹刀の専門店【山陽武道具】
    〒731-0113
    広島県広島市安佐南区西原7丁目15-10
    営業時間:10:00〜19:00
    TEL:082-871-3400(代)
    FAX:082-871-3401
定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

 
ショッピングカートへ行く
 
剣道具用語集
 
自分にぴったりな防具を見つけるには、知識も大切。 ここでは剣道防具の名称や、剣道具で使われる素材などの用語を解説いたします。剣道具の素材は特殊なものが多く、その全てに理由があります。それらは古くから使われている先人の知恵から、 最新の技術によって造り出された化学素材まであります。
 

●真竹(まだけ)

日本自生とも言われる竹の一種。別名苦竹(ニガタケ)唐竹(カラタケ)とも呼ばれます。
高級な竹刀に使われます。肉が厚く弾力性があり曲げや圧力に対する抵抗性が強く、
打突時の独特の感触は真竹ならではです。
 

●桂竹(けいちく)

真竹科の竹。現在使用されている竹刀の多くがこの桂竹です。
真竹に比べ安価で繊維が硬く長持ちします。
 

●吟革・床革(ぎんがわ・とこがわ)

「吟」とも「銀」とも言われ語源ははっきりしません。革の表面を吟といい、
吟を剥がしたあとの裏一枚皮を床革と呼びます。一般的に上等品には吟革を使い、
普及品には床革を使います。吟革は表がつるつるしており、裏はしっとりザラザラしてます。
竹刀の柄革・先革がザラザラしているのは牛の吟革の裏皮を表にしているからです。
 

●漆(うるし)

非常に優れた日本古来の天然の塗料で年月が経つほど色艶が出てきます。
また、硬化すると非常に丈夫な皮膜となり接着剤としても優れている為、
胴台や面縁に塗られています。
 

●生革(きがわ・なまがわ)

牛の皮を乾燥させ「すいた」もの。水分を含むと柔らかくなり加工し易くなる。
また、乾燥すると非常に硬くなり丈夫な為、剣道の面縁・胴台に使用されています。
 

●シルリード

吸汗性と通気性に優れた盛夏用の裏地の事で、
極めて高い通気性を持ち吸水性も備えているので汗を良く吸いすばやく発散します。
面の内輪の他甲手の内側に使われる事も多いです。
 

●別珍(べっちん)

綿ビロードとも呼ばれ綿を横ビロード織りした織物。
毛羽(けば)を表面に出すことで手触りがやわらかく厚手の光沢のある布地。面の内輪に使います。
 

●フェルト

毛のからみあう性質を利用して、羊毛などの毛を縮絨させて固めたもの。
防具の布団の芯材として使用されています。




 
HOME | 特定商取引について | 通信販売利用規約 | プライバシーポリシー | 会社概要 | サイトマップ  Copyright (C) 2017 SANYOBUDOGU All Rights Reserved.